Top / MOD / イベントトリガーリスト

MOD/イベントトリガーリスト

 


関連項目


 

 

基本

id = x
イベントID。重複した場合、エラーになる。 *表記必須
persistent = yes
yesの場合、発生条件を満たしていると、何度でも発生
offsetが指定されていない場合、作動せず。 *省略可(省略時、常にno)
country = TAG
TAGは国タグ(以下共通)。-1とすると、条件に合う全国家が対象になる。 *省略可(省略時、全国家か対象)
name = x
イベント名。""で囲うことを忘れずに。 *表記必須
desc = x
イベント説明文。""で囲うことを忘れずに。 *表記必須
picture = x
イベント画像。拡張子の表記は必要なし。""で囲うことをを忘れずに。画像はgfx\events_picsに収蔵。
date = { day = x month = y year = Z }
この日付以降、トリガーを満たすとイベントが発生。
トリガーを省略した場合、該当日になると必ず発生。
deathdate = { day = x month = y year = Z }
この日付以降、イベントは発生しない。
year = x
x年以降である(数字指定)。
month = x
x月以降である(数字指定、0は1月、……、11は12月)。
ここでは、januaryのように、英小文字で表記することもできる。
day = x
x日以降である(数字指定、0は1日、……、29は30日)。
注意!このゲームに31日は存在せず、2月も30日まであります。
offset = x
x日ごとにイベントの発生を判定 *省略可(省略時、毎日判定)
random = yes
ランダムに発生させるか否か *省略可(省略時、常にno)
invention = yes
yes時、発明イベント扱いになり、miscで定義される確率で発生する。
countryを指定していない場合、全国家で一回ずつ発生。 *省略可(省略時、常にno)

 
 

複合構文

and = { A B }
AかつB
A・Bにはそれぞれトリガーが入り、三つ以上の設定もできる。
or = { A B }
AまたはB
A・Bにはそれぞれトリガーが入り、三つ以上の設定もできる。
not = { A }
Aでない

階層構造にすることもできる。

	and = 	{
			or = 	{ A
				  B
				}
			not =	{ C }
		}

上の場合は、AまたはBを満たし、Cで無い、となる。

 
 

主要

event = x
xのイベントが発生済みである。
xに指定されるイベントが、persistent = yes、またはsleepeventされている場合、そのイベントは本トリガーの対象にならない。
flag = name
nameのグローバルフラグがが立っている。
local_flag = name
nameのローカルフラグが立っている。
random = x
x%の確率で発生する。
ai = ***
yesならその国家がAI操作である。noならプレイヤー操作である。
exists = TAG
TAGが存在している。
country = TAG
イベント発生国がTAGである。
difficulty = x
ゲームの難易度が、x以上である。0から4の値で指定し、0がVery easyに当たる。

 
 

内政

dissent = x
不満度が、x以上である。
province_revoltrisk = { province = x value = y }
xのIDのプロヴィンスのパルチザン発生率が、y%以上である。
technology = x
xのIDの技術を研究済み。
technology = { country = TAG value = x }
TAGがxのIDの技術を研究済み。
is_tech_active = [ x ]
xのIDの技術が研究可能な状態である。
intel_diff = x
自国の暗号技術−相手国の解読技術が、x以上に離れている。
leader = x
xのIDの司令官が存在(登場)している。
minister = x
xのIDの大臣が存在(登場)している。
incabinet = x
xのIDの大臣が内閣に居る。
headofstate = x
xのIDの大臣が国家元首である。
headofgovernment = x
xのIDの大臣が政府首班である。
domestic = { type = x value = y }
xの種類の政策スライダーの値が、y以上である。
xは、democratic , political_left , free_market , freedom , professional_army , defense_lobby , interventionismから指定。
yは、一番左が10、右が1の値となる。
can_change_policy = { type = x value = y }
xで指定した政策スライダーを、yに指定した値(正で左)の分だけ動かすことができる。
government = ***
政治体制が***である。***の変数は下部を参照。
ideology = ***
イデオロギーが***である。***の変数は下部を参照。
  • 政治体制とイデオロギーの対応表
政治体制イデオロギー
fascistnazi/fascist/paternal_autocrat
democraticsocial_conservative/market_liberal/social_liberal/social_democrat
communistleft_wing_radical/leninist/stalinist
※上記の日本語訳
右派独裁系国家社会主義/ファシズム/権威主義
民主主義系社会保守派/自由経済派/社会自由派/社会民主派
左派独裁系急進的左翼/レーニン主義/スターリン主義

 
 

備蓄

energy = x
石炭が、x以上備蓄されている。
metal = x
金属が、x以上備蓄されている。
rare_materials = x
希少資源が、x備蓄されている。複数形なので注意。
oil = x
石油が、x以上備蓄されている。
supplies = x
物資が、x以上備蓄されている。
manpower = x
MPが、x以上備蓄されている。
nuke = x
核兵器が、x以上備蓄されている。

 
 

外交

major = ***
主要国(日英仏独米伊ソ)かどうか。yes/noで表記。
atwar = ***
戦争中かどうか。yes/no、または国タグを入れる。
国タグを入れることで、「TAGが戦争中である」ことがトリガーになる。
war = { country = TAG1 country = TAG2 }
TAG1とTAG2が戦争状態にある。
attack = TAG
TAGが戦争の攻撃側となっている。
under_attack = TAG
TAGが戦争の防御側となっている。
DAまでは機能していない。AOD/DHでは不明。
ispuppet = TAG
TAGが他国の傀儡であるか。
puppet = { country = TAG1 country = TAG2 }
TAG1がTAG2の傀儡であるか。
alliance = { country = TAG1 country = TAG2 }
TAG1とTAG2が同盟している。
access = { country = TAG1 country = TAG2 }
TAG1がTAG2に通行を許可している。
non_aggression = { country = TAG1 country = TAG2 }
TAG1とTAG2が不可侵条約を結んでいる。
trade = { country = TAG1 country = TAG2 }
TAG1とTAG2が貿易協定を結んでいる。
guarantee = { country = TAG1 country = TAG2 }
TAG1がTAG2の独立を保障している。
relation = { which = TAG value = x }
イベント発生国とTAGとの友好度が、x以上である。
belligerence = { country = TAG value = x }
TAGの好戦性が、x以上である。
country = TAG を省略した場合、イベント発生国の好戦性が、x以上である。
lost_national = { country = TAG value = x }
TAGが所有する中核州の内の、x%以上を失っている。
lost_IC = { country = TAG value = x }
TAGが所有するICの内の、x%以上を失っている。
lost_VP = { country = TAG value = x }
TAGが所有するプロヴィンスのVPの内、x%以上を失っている。
axis = x
枢軸陣営が、x以上のVPを保有している。
allies = x
連合陣営が、x以上のVPを保有している。
comintern = x
共産陣営が、x以上のVPを保有している。
vp = x
イベント発生国が、x以上のVPを保有している。
range = { min = x max = y }
イベント発生国のVPが、xからyの間である。

 
 

軍事

owned = { province = x data = TAG }
TAGがxのIDのプロヴィンスを所有している。TAGに-1を入れると、イベント発生国が対象となる。
control = { province = x data = TAG }
TAGがxのIDのプロヴィンスを占領している。TAGに-1を入れると、イベント発生国が対象となる。
division_exists = { type = A id = B }
typeがAで、IDがBの師団が存在している。typeとIDの値については、incファイルを参照。
division_in_province = { id = { type = A id = B } province = x }
xのIDのプロヴィンスに、typeがAで、IDがBの師団が存在する。
[div type] = x
[div type]の師団を、x以上保有している。
[div type] = { country = TAG value = x }
TAGが[div type]の師団を、x以上保有している。
garrison = { country = TAG province = x type = air/land/naval/all size = x area = yes/no }
TAGがxのIDのプロヴィンスに、typeの軍(air/land/naval/all、または部隊名で指定、allなら種類を問わず)が、x以上存在する。
area = は、陸ならyes、海ならnoと指定する。
army = x
x以上の陸軍師団を保有している。
この記述を、秘密兵器の「?」のトリガーや、ショートシナリオなどの終了条件に追加すると強制終了するバグがある。(AODとDHでは解決済)
land_percentage = { country = TAG value = x }
陸軍をTAGのx倍保有している。
naval_percentage = { country = TAG value = x }
海軍をTAGのx倍保有している。
air_percentage = { country = TAG value = x }
空軍をTAGのx倍保有している。

 
 


Top / MOD / イベントトリガーリスト