Top / 共通 / 導入の手引き

共通/導入の手引き

 

 

概要

hoi2は、十数年前に開発されたEU2エンジンで設計されたゲームです。
この原則については、新作のAOD・DHでも変わりがありません。

旧式のエンジンで動いているがため、最新のPCとの間で相性問題が発生し、ゲームが起動できなくなったり、ゲームが重くなったりすることがあります。
このページでは、それらの問題が発生する原因と、その解消法を紹介し、プレイヤーを支援するものとします。
 
 

Macについて

hoi2は、windowsを前提環境としたゲームであるため、Macでの起動は推奨されません。
上級者以外は、windowsを使ってください。

+  どうしてもMacで動かしたい場合(※上級者向け)

 
 

作業の前に

以下の作業を行う前に、拡張子を表示する設定にすることを推奨します。
以下の解説は、基本的に拡張子が表示される状態を前提として書かれているため、これが表示されていないと、混乱が生じる可能性があります。

win7では、こちらの方法で、
win10では、こちらの方法で、拡張子を表示できます。

 
拡張子が表示されていない例の画像(DHの場合)

DHSSA.png

 
 

ウィンドウモードの利用

大前提として、デフォルト設定のフルスクリーンモードではなく、ウィンドウモードを利用することが、ゲームの安定化・軽量化に資す特徴があります。
そのため、とりあえずの処置として、ウィンドウモードに設定してみることを推奨します。

なお、ウィンドウモードを利用するには、OSで設定されるカラーモードが、16bitであることが前提条件となります。

 

ウィンドウモードを利用できない例外

ディスプレイの解像度が小さすぎる場合、ウィンドウモードを利用することができません。
設定を済ませても、ゲームがディスプレイからはみ出てしまい、起動後すぐに落ちてしまったり、プレイ中に落ちまくったりします。

この場合には、他のディスプレイを利用するか、例外的にフルスクリーンモードを利用してください。

 

カラーモードの設定(win8以降)

win8以降では、以下の手順で、アプリケーションごとに個別に設定することができます。

実行ファイル(.exe)を右クリック → プロパティ → 互換性 → カラーモードを制限する に チェック → 16ビットカラー を 選択

 

カラーモードの設定(win7/Vista)

win7以前では、個別の設定は不可能であるため、コントロールパネルから、全体の色数を落とす必要があります。

デスクトップの何も無いところを右クリック → 画面の解像度 → 詳細設定 → モニター → 色 → High color(16 ビット) → OK

 

ウィンドウモードの設定(AOD・DH - win8以降)

win8以降では、ランチャーから設定することができないため、手動でsettings.cfgを編集する必要があります。
win8以降では、ウィンドウモードの設定に限らず、ランチャーの利用が推奨されません。

実行ファイルと同じフォルダにある、settings.cfgを、メモ帳等で開き、

0 # Display mode: 0 = full screen, 1 = windowed

この行を、

1 # Display mode: 0 = full screen, 1 = windowed

このように書き換えると、カラーモードの設定が完了していれば、実行ファイルからの起動時に、ウィンドウモードで開始されます。
カラーモードが設定されていない場合、エラーが表示され、起動されなくなるので注意してください。

 

ウィンドウモードの設定(AOD・DH - win7/Vista)

事前に16ビットにカラーモードを設定している場合のみ、付属のランチャー内で、ワンクリックで設定することができます。

 

ウィンドウモードの設定(無印・DD・DA)

  1. 実行ファイルのショートカットを右クリックし、プロパティを選びます。
  2. リンク先が、例として、
    "C:\Program Files\CYBERFRONT\Doomsday\DoomsdayJP.exe"
    なっているとします。
  3. 末尾に、半角スペース(全角不可)を一つ入れて。WINDOWED(小文字不可)と書きます。
    "C:\Program Files\CYBERFRONT\Doomsday\DoomsdayJP.exe" WINDOWED
  4. OKを押し、ショートカットのプロパティを閉じる

 

ウィンドウモードの設定(IC)

ICは、DA・AOD・DHそれぞれにインストールする拡張パックであるため、インストール先の設定方法に準拠します。

 

解像度の設定(AOD・DH)

DH・AODでは、ウィンドウの解像度を、デフォルト値である1024x768から変更することができます。
この際、解像度を大きくしすぎると、ゲームがディスプレイからはみ出て、起動後すぐに落ちてしまったり、プレイ中に落ちまくったりするので、適切な大きさに設定しましょう。

解像度の設定は、win7/vistaならランチャーから、win8以降ならsettings.cfgを直に編集することで可能となります。

 
 

各種の問題の傾向と対策

当項目では、解決しやすい問題から、上から順番に記述しています。
自らの環境で当てはまる項目を、順番に試していってみてください。

 

マルチディスプレイ

マルチディスプレイの利用は厳禁で、絶対に起動しなくなります。

ゲームのプレイ時には、マルチディスプレイを解除するなどの対応が必要となります。

 

表示スケール

OSの設定で、アプリケーションの表示スケールを変更することができますが、これを用いると、ゲームの安定性が著しく低下します。

表示スケールを100%から125%に変更している場合などは、100%に戻してください。

win7では、こちらの方法で、
win10では、こちらの方法で、変更できます。

 

管理者権限

管理者権限を有効にしていないことが、ゲームの安定性を低める場合があります。

win7では、こちらの方法で、
win10では、こちらの方法で、管理者権限を有効にしてみてください。

 

UAC

UAC(ユーザーアカウント制御)を有効にしていることが、ゲームの安定性を低める場合があります。

win7では、こちらの方法で、
win10では、こちらの方法で、管理者権限を無効にしてみてください。

 

Aero

Aero(高度なグラフィック設定)を有効にしていることが、ゲームの安定性を低める場合があります。

win7では、こちらの方法で、
win10では、こちらの方法で、Aeroを無効にしてみてください。

 

セキュリティソフト

hoi2が、使用しているセキュリティソフトとの間で、衝突している可能性があります。

一時的にセキュリティソフトを停止して試してみたり、セキュリティソフト側の「例外設定」をしてみてください。
具体的な設定方法は、各ソフトごとに異なるため、それぞれ調べてみてください。

 

インストール先

デフォルトのインストール先である、Program Filesにインストールしていることが、エラーの原因となる場合があります。

Cドライブの直下など、他の場所に、インストールし直してみてください。

 

ユーザー名

ユーザー名に、2バイト文字を設定している場合、エラーの原因となる場合があります。

win7では、こちらの方法で、
win10では、こちらの方法で、1バイト文字のみのユーザー名に、変更してみてください。

 

互換モード

WindowsXPで、最もhoi2が安定する傾向があるため、XP互換モードで起動することで、ゲームの安定性が向上する可能性があります。

実行ファイル(.exe)を右クリック → プロパティ → 互換性 → 互換モードでこのプログラムを実行する に チェック → Windows XP Service Pack 3 を 選択

 

レガシーコンポーネント(win8.1以降)

win8.1以降では、古いアプリケーションを利用するための、レガシーコンポーネントという機能が新設されています。
その中の、Direct Playを有効化することで、ゲームの安定性が向上する可能性があります。

有効化の方法は、こちらをご覧ください。

 

仮想OS(win10)

win10は、現在(2018年12月)において、最先端のOSですが、最先端であるがため、相性問題の発生率が高くなっています。

上記の方法をすべて試しても解決しない場合、PC上級者向けとなりますが、以下の方法があります。

+  仮想OSの利用

 

グラフィックボードとの相性1(Radeon)

DA以前と、AOD・DHの、それぞれの古いバージョンでのみ起こる問題であり、DH1.05、AoD1.11以降へのアップデートで、解決されます。

+  古いバージョンにおいての解決方法

なお、当項目及び、下記二項目の問題は、あくまでグラフィックボードとの相性問題であるため、
グラフィックボードをオフとし、オンボードの状態で起動することでも、必然的に問題は解決します。

 

グラフィックボードとの相性2(Ge Force/Radeonの一部)

稀に、グラフィックボードのドライバとの相性問題が発生し、ゲームの安定性が低下することがあります。

以下は、例として、DHの場合の解決方法となります。AOD等には応用してください。

+  レジストリの編集による解決

 

グラフィックボードとの相性3(Ge Forceの一部)

一時期のGe Forceの型番のみ、解決方法が判明していない、深刻な相性問題が発生する場合があります。

+  具体的な症例

 
 


Top / 共通 / 導入の手引き