Top / AOD / イベントコマンドリスト

AOD/イベントコマンドリスト

 


関連項目


 

 

1.00で追加

type = add_team_skill which = [tech_team_ID/-1/-2/-3] value = x
研究機関のレベルを、x増減する。
ID指定、または、-1でランダム、-2'では研究中のチームからランダム、-3''で非研究中のチームからランダム。
type = set_team_skill which = [tech_team_ID/-1/-2/-3] value = x
研究機関のレベルを、xにする。
ID指定、または、-1でランダム、-2'では研究中のチームからランダム、-3''で非研究中のチームからランダム。
type = add_team_research_type which = [tech_team_ID/-1/-2/-3] value = [research_type]
研究機関に特性を追加する。
[trait]の変数は、データ集/研究特性一覧を参照。
type = remove_team_research_type which = [tech_team_ID/-1/-2/-3] value = [research_type]
研究機関の特性を削除する。
type = giveteam which = [tech_team_ID] where = TAG
TAGに対し、ID指定した研究機関を譲渡する。
研究中の機関が譲渡された場合、その機関が行っていた研究は強制中断される。
type = add_leader_skill which = [leader_ID] value = x
司令官のレベルを、x増減する。
type = add_leader_trait which = [leader_ID] value = [trait]
司令官に特性を追加する。
[research_type]の変数は、データ集/司令官の特性を参照。
type = remove_leader_trait which = [leader_ID] value = [trait]
司令官の特性を削除する。
type = giveleader which = [leader_ID] where = TAG
TAGに対し、司令官を譲渡する。

 
 

1.00で変更

type = industrial_modifier which = [type] value = x
[type]に以下が追加された。
gearing_efficiency ギアリングボーナス増加値に、xが乗算される。  例)value = 5ならば、miscによる初期値5*(1+0.05)=5.25%/ギアリング回数。
gearing_limit ギアリングボーナス最大値に、xが乗算される。  例)value = 5ならば、miscによる最大値40*(1-0.05)=38%まで安くなる。

 
 

1.05で追加

type = trigger which = [event_ID] value = x
[even_ID]のイベントが、x日後に発生する。
type = change_idea which = [idea_personality_string] value = TAG
[idea_personality_string]の国策がTAGで施行される。
type = change_retool_time value = x
生産ライン調整期間が、x増減する。
type = set_retool_time value = x
生産ライン調整期間を、xにする。
type = change_partisan_activity which = [Province_ID] value = x
[Province_ID]のパルチザン発生率が、x%増減する。
type = set_partisan_activity which = [Province_ID] value = x
[Province_ID]のパルチザン発生率が、x%になる。
type = change_leader_xp which = [leader_ID] value = x
[leader_ID]で指定された司令官の経験値が、x増減する。
type = set_leader_xp which = [leader_ID] value = x
[leader_ID]で指定された司令官の経験値が、xになる。
type = change_unit_xp which = "Unit_Name" value = x
"Unit_Name"で指定された師団の経験値が、x増減する。
type = set_unit_xp which = "Unit_Name" value = x
"Unit_Name"で指定された師団の経験値が、xになる。

 
 

1.06で変更

下記のコマンドにおいて、TAGの代わりに、イベント発生国(-1)が使えるようになった。

type = peace_with_all which = TAG
type = end_non_aggression which = TAG where = TAG
type = non_aggression which = TAG where = TAG
type = end_trades which = TAG where = TAG
type = end_guarantee which = TAG where = TAG
type = guarantee which = TAG where = TAG

下記のコマンドにおいて、実数の代わりに、パーセント指定が使えるようになった。

type = switch_allegiance which = [unit_ID/-1] where = TAG when = [percent]
type = delete_unit which = [unit_ID/-1/-2/-3] when = [percent]

 
 

1.06で追加

type = grant_military_control which = [TAG]
# grant military control to nation TAG
type = end_military_control which = [TAG]
# end military control to nation TAG

 
 


Top / AOD / イベントコマンドリスト