Top / イベント / 歴史-北欧

イベント/歴史-北欧

 

 

デンマーク

ドイツが降伏を求める(93)

  • ヴェーゼル演習作戦が開始され、勝ち目のない戦争に直面したデンマーク政府は、ドイツからすみやかな降伏を求められた。そこで、デンマーク軍を解体する代わりに自治を認めることを条件として降伏に応じた。デンマークの占領統治はドイツが征服した国の中で最も平穏であったが、それも1943年の夏までのことである
  • 条件
    ドイツとデンマークが交戦中
    コレング(91)をデンマークが失っている
    ポーランドが存在していない
  • 選択肢
    • 軍隊を解体する 99%
      現在加入している軍事同盟から脱退
      ドイツと講和する
      ドイツに軍事通行権を与える
      右派にスライダーが2傾く
      閉鎖社会にスライダーが2傾く
      独裁的にスライダーが2傾く
      ドイツとの友好度+10
      不満度+15
      • 以下の地域をイギリスが所有
        ID地名ID地名ID地名
        800グリーンランド1レイキャヴィク2ハーフン
      • 以下の地域をドイツが所有
        ID地名ID地名ID地名ID地名
        92オーフス292オルボア293オーゼンセ294コペンハーゲン
        295ボルンホルム
  • 最後まで戦う 1%
    開放社会にスライダーが1傾く
    タカ派にスライダーが1傾く

クリスティアン10世の崩御(398)

  • 政体がSD(社会民主派)の際のバージョン
  • 1921年にデンマーク国王に即位したクリスティアン10世を一言で評するなら、世界で高まる民主化の潮流に逆らい、国王の政治的影響力を拡大しようとする権威主義的な統治者であった。この方向性が如実に現れたのが1920年の「イースター危機」である。クリスティアン10世はデンマークとシュレスヴィッヒの再統一をめぐって内閣と対立すると、内閣を解散し、独断で保守派主導の「暫定」内閣を任命したのだ。この国王の強引なやり方にデンマーク国内では政治的緊張が高まり、国王は危機的状況を迎える。やむなくクリスティアン10世は対立していた社会民主党との話し合いの後、不本意ながら暫定内閣を解散し、社会民主党にも受け入れられる内閣を任命した。しかし国王として誇れる面もあった。クリスティアン10世は2つの大戦において国王としてデンマークに君臨し、国家の象徴としてデンマーク国民の愛国心を鼓舞したのである。ノルウェーやオランダの国王と違い、クリスティアン10世は国土がドイツ軍に占領されたあともコペンハーゲンにとどまった。老齢で病も患っていたが、国王は毎日護衛をつけずに馬で歩きまわり、デンマークがまだ存続していることの証しとして国民にその姿を示し続けた。その後1947年春にクリスティアン10世は崩御し、王位は息子であるフレデリク9世に譲られた。
  • 条件
    期間 1947/01/20〜1947/01/21
    1日ごとに判定
    国家元首がクリスティアン10世(16001)の時、95%の確率で発生
  • 選択肢
    • OK
      国家元首をフレデリク9世(16138)にする
      国家元首クリスティアン10世(16001)が使用不能
      国家元首クリスティアン10世(16034)が使用不能
      国家元首クリスティアン10世(16137)が使用不能
      デンマークイベント「クリスティアン10世の崩御」(399)はもう発生しない
  • ID16001のクリスティアン10世はSD(社会民主派)の時、同16034はPA(権威主義)の時、同16137はML(自由経済派)の時の大臣で、このイベントで即位するフレデリク9世(16138)はSD(社会民主派)。スリープされるイベントは政体がML(自由経済派)の際の同イベント。

クリスティアン10世の崩御(399)

  • 政体がML(自由経済派)の際のバージョン
  • クリスティアン10世の崩御(398)を参照
  • 条件
    期間 1947/01/20〜1947/01/21
    1日ごとに判定
    国家元首がクリスティアン10世(16137)の時、95%の確率で発生
  • 選択肢
    • OK
      国家元首をフレデリク9世(16139)にする
      国家元首クリスティアン10世(16001)が使用不能
      国家元首クリスティアン10世(16034)が使用不能
      国家元首クリスティアン10世(16137)が使用不能
      デンマークイベント「クリスティアン10世の崩御」(398)はもう発生しない
  • ID16001のクリスティアン10世はSD(社会民主派)の時、同16034はPA(権威主義)の時、同16137はML(自由経済派)の時の大臣で、このイベントで即位するフレデリク9世(16139)はML(自由経済派)。スリープされるイベントは政体がSD(社会民主派)の際の同イベント。

ノルウェー

アルトマルク号事件(28)

  • イギリスとドイツの軍艦がノルウェーの中立を侵害し続けている。最近ではドイツ軍艦“アルトマルク”がイギリス海軍の任務部隊に追跡されたあげく、イギリス兵の強行乗船を受けるという腹立たしい事件も起きている。しかし強大なイギリス海軍が相手では、我が国の海軍部隊にそれを阻止する力はない。こうした事件が多発している状況では、中立を維持できなくなるのも時間の問題だ。
  • 選択肢
    • 「イギリスに抗議する」 90%
      イギリスとの友好度-10
      タカ派へスライダーが1傾く
  • 「沈黙を守り、平和を祈ろう」 10%
    イギリスとの友好度-10
    ハト派へスライダーが1傾く

選挙(900026)

(汎用テキストにつき省略)

  • 条件
    民主政体であること
    1937年9月11日発生
  • 選択肢
    • 左派を選ぶ 60%
      不満度-3
      民主スライダーを10に設定
      左派スライダーを10に設定
      大臣を以下のようにする。
      大臣ID名前特性
      国家元首14001ハーコン7世Weary Stiffneck
      政府首班14002ヨハン・ニュゴールスヴォルAmbitious Union Boss
      外務大臣14003ハルバール・コートBiased Intellectual
      軍需大臣14050フィン・ハーゲルップSubmarine Proponent
      内務大臣14005トリグヴェ・H・リーMan of the People
      情報大臣14006アルフレート・ロシェ=ルンドLogistics Specialist
  • 右派を選ぶ 30%
    不満度-3
    民主スライダーを10に設定
    左派スライダーを4に設定
    大臣を以下のようにする。
    大臣ID名前特性
    国家元首14032ハーコン7世Weary Stiffneck
    政府首班14036C・J・ハンブロSilent Workhorse
    外務大臣14044パール・ベルクGreat Compromiser
    軍需大臣14055フレデリク・ベイクマンInfantry Proponent
    内務大臣14068アルネ・スンデSilent Lawyer
    情報大臣14071ベルトラム・ディバット・ブロクマンDismal Enigma
  • 現政権を維持 10%
    不満度-1

スウェーデン

夏政府(3303)

  • 1936年、スウェーデン農民中道党「ボンダーフォーブンデット」が夏の間、単独でスウェーデンを統治することになった。これは農民中道党が強力に支援した社会民主党からの政治的見返りであり、今後も協力関係を継続すれば、政治的に優位に立てることを約束するものでもあった
  • 条件
    期間 1936/06/20〜
    特になし
  • 盟友を擁立する
    左派−右派スライダーを6に設定
    自由経済−計画経済スライダーを7に設定
    大臣を以下のようにする。
    大臣ID名前特性
    政府首班7002アクセル・ペールソン=ブランストルプ幸運な素人
    外務大臣7003カール・G・ヴェストマン小心な官吏
    軍需大臣7004ヴィルヘルム・リュンダール戦車重視
    内務大臣7005ソルヴァルド・バーグクエスト情け深い紳士

夏政府の終わり(3304)

  • 夏政府(3303)参照
  • 条件
    期間 1936/09/29〜
    イデオロギーが社会保守派、自由経済派、社会自由派、社会民主派のいずれか
  • 政権に復帰する
    左派−右派スライダーを10に設定
    自由経済−計画経済スライダーを6に設定
    大臣を以下のようにする。
    大臣ID名前特性
    政府首班7033パー・アルビン・ハンソン野心に燃える元労働組合代表
    外務大臣7038リカルド・サンドラー偏見を持った知識人
    軍需大臣7047エルンスト・ヴィグフォルス鉱山企業家タイプ
    内務大臣7058カール・シリター物静かな法律家

フィンランドの冬戦争 ― スウェーデンの直接介入(3300)

  • フィンランドがソ連の侵略を受けると、スウェーデン政府はその対応策を巡り3つの勢力に分裂した。保守党のゴスタ・バゲ党首や社会民主党のリカルド・サンドラー外務大臣を中心とした勢力は直接的軍事介入を訴えた。ペル・アルビン・ハンソン首相を中心とした中道派は間接的な支援は行うものの、スウェーデンの中立を主張した。そしてエルンスト・ウィグフォルス財務大臣を中心とした勢力は、同志である社会主義国との戦争を回避するため、援助を一切行わない完全中立を主張した。白熱した議論が戦わされ、最終的にはスウェーデンの基本的外交姿勢として中道派の方針が採択された
  • スウェーデンがすでに戦争状態にある場合こちらのイベントが発生します
  • 条件
    期間 1936/07/18〜1936/12/31
    ソ連とフィンランドが交戦中
    ソ連イベントフィンランドの冬戦争 ― 要求を拒否(2621)
    イデオロギーが社会保守派、国家社会主義、ファシズム、権威主義のいずれかである
    フィンランドがドイツと同盟していない
    スウェーデンがドイツ、イギリス、ソ連と同盟していない
  • 選択肢
    • 同胞のフィンランドを助けるために介入する! 90%
      好戦性+1
      フィンランドと同盟を締結
      ソ連に宣戦布告
      右派にスライダーが1傾く
      介入主義にスライダーが1傾く
      フィンランドとの友好度+25
      ノルウェーとの友好度+10
      フィンランドイベントスウェーデンの介入(3202)が発生
      フラグanti_bolshevik_sweden?が立つ
  • 義勇兵と武器を供与する 10%
    MP-10
    物資-1000
    ソ連との友好度-20
    フィンランドとの友好度+10
    ノルウェーとの友好度+5
    フィンランドイベントスウェーデンの物資援助(3201)が発生

フィンランドの冬戦争 ― スウェーデンの不介入(3301)

  • ※(フィンランドの冬戦争 ― スウェーデンの直接介入(3300)と同じです)
  • スウェーデンが平和状態時こちらのイベントが発生します政体の違いでどちらが発生するか決まります。ただしこちらは戦争状態では発生しません。aiは平和的な選択を選ぶよう設定されています
  • 条件
    期間 1936/07/18〜1963/12/31
    ソ連とフィンランドが交戦中
    ソ連イベントフィンランドの冬戦争 ― 要求を拒否(2621)
    スウェ−デンが非交戦状態
    イデオロギーが社会保守派、国家社会主義、ファシズム、権威主義のいずれでもない
    フィンランドがドイツと同盟していない
  • 選択肢
    • 義勇兵と武器を供与する 98%
      MP-10
      物資-1000
      ソ連との友好度-20
      フィンランドとの友好度+10
      ノルウェーとの友好度+5
      フィンランドイベントスウェーデンの物資援助(3201)が発生
  • 同胞のフィンランドを助けるために介入する! 2%
    好戦性+1
    フィンランドと同盟を締結
    ソ連に宣戦布告
    右派にスライダーが1傾く
    介入主義にスライダーが1傾く
    フィンランドとの友好度+25
    ノルウェーとの友好度+10
    フィンランドに軍事通行権を与える
    フィンランドイベントスウェーデンの介入(3202)が発生
    フラグanti_bolshevik_sweden?が立つ

スウェーデン冬戦争の終結(3302)

  • フィンランドが冬戦争に巻き込まれると、スウェーデン国民の間にフィンランドを助けたいという強い思いが沸きあがり、政治指導者の一部もこの流れを受け、少なくとも陸軍1個軍団を派遣することを考え始めた。もしもスウェーデンがフィンランド側に立って参戦した後で、フィンランドがソ連と講和したなら、スウェーデンもおそらく同じようにソ連と講和するだろう。ソ連との戦争を継続するのは戦略的にも政治的にも不可能なのだ

※バランス調整の名残か、「戦争を継続した場合」のソ連イベントと思われるものがファイルには入っている。これを見たいとか、あくまでも戦争を継続したい場合はMOD/バグ修正?へ。

エンゲルブレヒト輸送(92)

  • ドイツがバルバロッサ作戦を発動すると、占領するノルウェーからフィンランドまで部隊を移動させる権利を求めてきた。スウェーデンはこの要求に応じ、自国の鉄道を使ってエンゲルブレヒト師団を輸送した。以後数年間にわたり、およそ250,000トンのドイツ軍兵器がスウェーデンを通って東部戦線へと運ばれたのである
  • 条件
    スウェーデンが戦争をしていない
    ソ連とドイツが交戦中
    ドイツとフィンランドが同盟中
    ドイツと同盟を締結していない
    オスロー(107)をドイツが占領中
  • 選択肢
    • 輸送を許可する 90%
      軍事通行権をドイツに与える
      ドイツとの友好度+10
  • 輸送を拒否する 10%
    ドイツとの友好度-20

グスタフ5世の崩御(401)

  • 政体がSD(社会民主派)の際のバージョン
  • 1907年にスウェーデン国王に即位したグスタフ5世は、デンマークのクリスティアン10世と同じく保守的で、民主化の動きを警戒し、政治に直接干渉することを厭わなかった。第二次世界大戦中は親ドイツと解されかねない意見を支持したために、幾度となく退位の危機に直面することにもなった。このお騒がせな国王の人生をさらに彩るのが‘ハイビー事件’である。レストラン経営者クルト・ハイビーが1912年から1932年までグスタフ国王の男妾だったと言い出したのだ。これを当時の王室は口止め料を払ってもみ消した。その後ハイビーは1938年に幼児性愛罪で逮捕され、裁判にかけられたのち、精神病院に送られた。病院から出ると、国外に出る代わりに金をもらうという条件を飲んで一度はスウェーデンを離れる。しかし1940年には協定を反故にして再び戻ってきた。そして国王との情事についての本を出版するが、すぐに裁判所によって没収後破棄された。その後、ハイビーは自殺した。逝去したグスタフ5世の王位はグスタフ6世アドルフが継いだ。
  • 条件
    期間 1950/10/29〜1950/10/30
    1日ごとに判定
    国家元首がグスタフ5世(7031)の時、95%の確率で発生
  • 選択肢
    • OK
      国家元首をグスタフ6世アドルフ(7093)にする
      国家元首グスタフ5世(7001)が使用不能
      国家元首グスタフ5世(7031)が使用不能
      国家元首クリスティアン10世(16137)が使用不能
      スウェーデンイベント「グスタフ5世の崩御(402)」はもう発生しない
  • ID7001のグスタフ5世はSC(社会保守派)の時、同7031はSD(社会民主派)の時の大臣で、このイベントで即位するグスタフ6世アドルフ(7093)はSD(社会民主派)。スリープされるイベントは政体がML(自由経済派)またはSC(社会保守派)の際の同イベント。

グスタフ5世の崩御(402)

  • 政体がML(自由経済派)またはSC(社会保守派)の際のバージョン
  • グスタフ5世の崩御(401)を参照
  • 条件
    期間 1950/10/29〜1950/10/30
    1日ごとに判定
    国家元首がグスタフ5世(7001)の時、95%の確率で発生
  • 選択肢
    • OK
      国家元首をグスタフ6世アドルフ(7095)にする
      国家元首グスタフ5世(7001)が使用不能
      国家元首グスタフ5世(7031)が使用不能
      国家元首クリスティアン10世(16137)が使用不能
      スウェーデンイベント「グスタフ5世の崩御(401)」はもう発生しない
  • ID7001のグスタフ5世はSC(社会保守派)の時、同7031はSD(社会民主派)の時の大臣で、このイベントで即位するグスタフ6世アドルフ(7095)はML(自由経済派)。スリープされるイベントは政体がSD(社会民主派)の際の同イベント。

フィンランド

冬戦争(3200)

  • 1939年11月30日、ソ連は1932年に結ばれた不可侵条約を破棄、フィンランドへの侵攻を開始する。こうして始まった“冬戦争”は1940年3月13日のモスクワ講和条約をもって終結、フィンランドはソ連に南東部を割譲することとなった
  • 選択肢
    • かかってこい! 相手になってやる! 99%
      右派にスライダーが1傾く
      ソ連との友好度-10
      スウェーデンとの友好度+5
      ノルウェーとの友好度+5
      大臣を以下のようにする。
      大臣ID名前特性
      総合参謀総長29137カール・G・マンネルへイム防衛論者
      陸軍大臣29145カール・G・マンネルへイム決戦ドクトリン
      ソ連イベントフィンランドの冬戦争 ― 要求を拒否(2621)が発生
  • ソ連の圧力に屈する 1%
    左派にスライダーが1傾く
    ソ連との友好度+25
    ドイツとの友好度-15
    スウェーデンとの友好度-10
    以下の地域をソ連が所有する
    ID地名ID地名
    146ソルタヴァラ145ヴィボルグ
    ソ連イベントフィンランドの冬戦争 ― フィンランドの屈服(2622)が発生
     

スウェーデンの物資援助(3201)

  • フィンランドがソ連の侵略を受けると、スウェーデン政府は兵器や義勇兵を提供するという形でフィンランドの戦いを支援した。だがこうした兵器の大半がフィンランド軍の規格に合わなかったり、必要なものが欠けていたりした。火砲などが送られてきたものの弾薬が足らず、半数以下しか“冬戦争”で使うことができなかった。またスウェーデンの義勇兵の方にも問題があった。まともな訓練を受けておらず、戦争中に兵士として役に立ったものはほとんどいなかったのだ。しかし十分な教育を受けた司令官団と航空兵が派遣されたことにより、フィンランド軍の戦争能力は大いに向上した
  • OK
    未配置師団に歩兵+1
    物資+1000

スウェーデンの介入(3202)

  • スウェーデンの物資援助(3201)参照
  • OK
    スウェーデンに軍事通行権を与える

フィンランド冬戦争の終結(3203)

  • 長く厳しい戦いの末、ソ連軍がついにフィンランドの防衛線を突破した。フィンランドは国土が狭く人口も少ない弱小国でありながらも、大国の侵略に勇敢に抵抗し、世界中から多くの尊敬を集めた。だが戦争で敗北すれば勝利はない。開戦前、この戦争は赤子をひねるようなものだとソ連指導部は考えていた。しかし実際の戦いは多大な犠牲を強いられて膠着状態に陥り、膨大な戦力を投入してようやく勝利することができた。こうした状況からソ連は講和の条件を最初に求めていた要求だけに留め、それ以上の譲歩は求めなかった
  • 選択肢
    • ソ連の要求に屈する 99%
      不満度+10
      ソ連と講和
      独裁的にスライダーが1傾く
      右派にスライダーが2傾く
      閉鎖社会にスライダーが1傾く
      ソ連との友好度-25
      ドイツとの友好度+25
  • 加盟している軍事同盟から離脱
    以下の地域をソ連が所有する
    ID地名ID地名
    146ソルタヴァラ145ヴィボルグ
    ソ連イベントフィンランド冬戦争の終結 ― フィンランドの受諾(2628)が発生

寝返る(61)

  • ソ連軍がヨーロッパに攻め込み始め、ドイツ国防軍(ヴェアマハト)が勝利を目指す戦いから自らの存続をかけた防戦に転じた。そうした状況の中、ドイツの同盟国はなんとか独立国として生き残るための新たな外交的枠組みを模索し始めた。そして今、ソビエト政府との交渉をするにあたり、我が国は大きな岐路に立たされている。枢軸同盟に留まるのか、あるいは共産陣営に寝返るのか
  • 条件
    1936年1月1日〜1963年12月29日まで毎日チェック
  • ドイツとソ連が交戦中
  • フィンランドとソ連が交戦中
  • ヘルシンキ(142)をソ連が占領中
  • ヴィボルグ(145)をソ連が占領中
  • 上記すべてを満たした上で、以下のいずれかの条件を満たしている
    • ヴァーサ(138)をソ連が占領している
    • トゥルク(141)をソ連が占領している
  • 選択肢
    • ドイツを見限り、ソ連とともに戦う 97%
      フィンランドの傀儡国状態が終了する
      民主的−独裁的スライダーを8に設定
      左派−右派スライダーを2に設定
      タカ派−ハト派スライダーを3に設定
      介入主義−孤立主義スライダーを2に設定
      ソ連との友好度を0に設定
      ドイツとの友好度を-50に設定
      大臣を以下のようにする。
      大臣ID名前特性
      国家元首29034カール・G・マンネルヘイム引退した大元帥
      政府首班29061ユホ・K・パーシキヴィ派手好きなタフガイ
      外務大臣29077カール・ラムゼイ冷酷非道
      軍需大臣29096エドウィン・H・リンコミース天才的実務家
      内務大臣29115キュヨスティ・ヤーヴィネン物静かな法律家
      情報大臣29128ゲオルグ・A・デ・グリペンバーグ産業分析の専門家
      参謀総長29137カール・G・マンネルへイム防衛論者
      陸軍大臣29145カール・G・マンネルへイム決戦ドクトリン
      海軍大臣29150イーロ・ラホラ戦力投入ドクトリン
      空軍大臣29155トイヴォ・ソメルト制空権ドクトリン

ソ連イベント「新たな同盟国 ― フィンランド」(64)が発生する

  • 枢軸同盟に留まる 3%
    不満度+5
    タカ派にスライダーが1傾く

Top / イベント / 歴史-北欧