Top / DH / ユニットデータ(空軍)

DH/ユニットデータ(空軍)

 

 

データの読み方

DH1.02 fullのユニットデータです。light/noneは、ほぼDAと同じなのでDAのユニットデータを参照。

  • IC
    • 生産に必要なICの量です。これは基本値であり、大臣・政策・産業研究などによって実際のコストは変化します。
  • 時間
    • 生産に必要な日数です。IC同様、大臣・政策・産業研究などによって実際にかかる時間は変化します。
  • 人的
    • 生産に必要なMPです。変化しません。
  • 消費量:物資
    • 部隊が1日に消費する物資の量です。生産中は消費しません。
  • 消費量:石油
    • 部隊が1日中ずっと行動していた場合に消費する石油の量です。生産中は消費しません。
  • 対空
    • 対空攻撃力を表します。航空機との戦闘で用いられます。
  • 対戦
    • 対戦車(機械化を含むを含むハードユニット)攻撃力を表します。
  • 対人
    • 対人(自動車化・司令部を含むソフトユニット)攻撃力を表します。攻撃時に対戦車攻撃力が用いられるか対人攻撃力が用いられるかは、攻撃目標ユニットの「脆弱性」によって決定されます。
  • 対艦
    • 対艦攻撃力を表します。
  • 戦略爆
    • 戦略爆撃能力を表します。敵部隊でなく敵プロヴィンスを攻撃する際に用いられます。
  • 速度
    • 部隊の移動速度を表します。
  • 行動半径
    • 部隊の行動半径kmを表します。範囲内の地域のみ活動が可能です。
  • 索敵:空中
    • 空軍部隊に対する索敵力です。
  • 索敵:陸/海
    • 陸/海軍部隊に対する索敵力です。
  • 指揮
    • 部隊のMAX指揮統制です。これは基本値であり、大臣・政策・空戦ドクトリン研究などによって実際のMAX指揮統制は変化します。
  • 士気
    • 部隊の士気です。高いほど、減少した指揮統制の回復が早まります。空戦ドクトリン研究によって実際の士気値は変化します。
  • 防空
    • 対空防御力です。航空機から攻撃を受けた際に用いられます。
  • 防陸/海
    • 対地・対艦防御力です。陸海軍部隊からの反撃に対して用いられます。
  • 隠し生産係数
    • ユニットの新型への改良や戦力補充(修理)の係数です。実際のコストは大臣・政策・産業研究などで修正を受けた新規生産のコスト(IC)/時間に乗算します。
  • 開発年
    • その部隊を生産するために必要な研究の、史実での年を表します。
  • 異種間改良
    • DHの新要素で余分なコスト(IC/時間)を払うと別種のユニットに改良することができます。改良できるユニットはあらかじめ決まっています。


旅団の可否一覧

輸送機に護衛機を付属できるようになった。

旅団名旅団付属可否
戦術戦略近接海爆輸送迎撃戦闘飛爆戦ロケ
護衛機戦闘機×××××


異種間改良の可否一覧

DH1.02の新要素で余分なコスト(IC/時間)を払うと別種のユニットに改良することができる。
改良できるユニットは表の通り。

ユニット種類異種間改良可否
戦術戦略近接海爆輸送迎撃戦闘飛爆戦ロケ
戦術爆撃機××××××
戦略爆撃機××××××
近接航空支援機××××××
海軍爆撃機××××××
輸送機××××××××
迎撃機××××××
戦闘機××××××
飛行爆弾××××××××
戦略ロケット××××××××



師団

戦術爆撃機

護衛戦闘機を付属できます。
海軍爆撃機の研究は、1954年以降戦術爆撃機の研究に統合されます。
余分なコスト(IC/時間)を払うと戦略爆/海軍爆に異種間改良できます。

名称生産コスト消費量攻撃パラメータ速度行動
半径
索敵パラメータ戦闘補助パラメータ隠し生産係数開発年
IC時間人的物資石油対空対戦対人対艦戦略爆空中陸/海指揮士気防空防陸/海改良
時間
改良
IC
補充
時間
補充
IC
実験用爆撃機151602.21.5300100120200112020000.750.831.50.831911年
第1世代短距離爆撃機161902.21.5300200180400112020110.750.831.50.831914年
第2世代短距離爆撃機172102.21.5311201160500112020220.750.831.50.831916年
第3世代短距離爆撃機182102.21.5311312180600112525220.750.831.50.831918年
戦間期型戦術爆撃機192102.21.5321412180700113030330.750.831.50.831924年
初期型戦術爆撃機202302.21.7332524200800113030550.750.831.50.831932年
基本型戦術爆撃機212302.21.7343937300900123030670.750.831.50.831938年
改良型戦術爆撃機222302.21.83441141035010001230307100.750.831.50.831940年
発展型戦術爆撃機232302.21.93461251440012501230308140.750.831.50.831943年
初期型ターボジェット戦術爆撃機252302.223681461665015001230309160.750.831.50.831945年
基本型ターボジェット戦術爆撃機262302.22.237915717750150022303010180.750.831.50.831949年
改良型ターボジェット戦術爆撃機272302.22.2371016818800150023303012180.750.831.50.831954年
発展型ターボジェット戦術爆撃機282302.22.2371117919850150023303014180.750.831.50.831960年


異種間改良コスト

改良時間係数改良IC係数
海軍爆撃機0.672.32
戦略爆撃機0.672.32



戦略爆撃機

護衛戦闘機を付属できます。
余分なコスト(IC/時間)を払うと戦術爆/海軍爆に異種間改良できます。

名称生産コスト消費量攻撃パラメータ速度行動
半径
索敵パラメータ戦闘補助パラメータ隠し生産係数開発年
IC時間人的物資石油対空対戦対人対艦戦略爆空中陸/海指揮士気防空防陸/海改良
時間
改良
IC
補充
時間
補充
IC
第1世代戦略爆撃機1622032311106110500233030330.750.831.50.831914年
第2世代戦略爆撃機1624032321118145750233030550.750.831.50.831918年
第3世代戦略爆撃機182403232121101801000233030770.750.831.50.831930年
基本型戦略爆撃機202503232222122501000233030890.750.831.50.831935年
改良型戦略爆撃機2227032.23.2223316300150034303010120.750.831.50.831939年
発展型戦略爆撃機2427032.53.5335522350200034303012160.750.831.50.831942年
準現代型戦略爆撃機2427032.53.5337528400300034303014180.750.831.50.831945年
ターボジェット戦略爆撃機27280334446628650400034303018200.750.831.50.831949年
改良型ターボジェット戦略爆撃機302803.53.54557730800500034303020230.750.831.50.831954年
大陸間戦略爆撃機402803.54.55557735800600034303025270.750.831.50.831958年


異種間改良コスト

改良時間係数改良IC係数
海軍爆撃機0.672.32
戦術爆撃機0.672.32



近接航空支援機

余分なコスト(IC/時間)を払うと迎撃機/戦闘機に異種間改良できます。

名称生産コスト消費量攻撃パラメータ速度行動
半径
索敵パラメータ戦闘補助パラメータ隠し生産係数開発年
IC時間人的物資石油対空対戦対人対艦戦略爆空中陸/海指揮士気防空防陸/海改良
時間
改良
IC
補充
時間
補充
IC
初期型近接航空支援機142101.50.81.5151012004003030370.750.831.50.831934年
基本型近接航空支援機152301.50.81.6371222505003030490.750.831.50.831937年
改良型近接航空支援機162301.511.751014330060030305110.750.831.50.831940年
発展型近接航空支援機172301.51.21.861115435070030307130.750.831.50.831943年
準現代型近接航空支援機182301.51.21.9712185400750303010150.750.831.50.831945年
ターボジェット近接航空支援機202301.51.42.1913195650700303014180.750.831.50.831948年
ASM装備近接航空支援機212301.51.52.31014205900800303015200.750.831.50.831954年


異種間改良コスト

改良時間係数改良IC係数
迎撃機0.522.32
戦闘機0.522.32



海軍爆撃機

護衛戦闘機を付属できます。
海軍爆撃機の研究は、1954年以降戦術爆撃機の研究に統合されます。
余分なコスト(IC/時間)を払うと戦術爆/戦略爆に異種間改良できます。

名称生産コスト消費量攻撃パラメータ速度行動
半径
索敵パラメータ戦闘補助パラメータ隠し生産係数開発年
IC時間人的物資石油対空対戦対人対艦戦略爆空中陸/海指揮士気防空防陸/海改良
時間
改良
IC
補充
時間
補充
IC
初期型海軍爆撃機122202.21311120200750112020140.750.831.50.831918年
戦間期型海軍爆撃機142302.213211302501000113030250.750.831.50.831924年
基本型海軍爆撃機152402.213211403001250113030360.750.831.50.831938年
改良型海軍爆撃機162402.21.23321703501500123030470.750.831.50.831941年
発展型海軍爆撃機182402.21.43.2332904002000123030480.750.831.50.831943年
ターボジェット海軍爆撃機212402.223.54421125002500123030680.750.831.50.831945年
基本型ターボジェット海軍爆撃機222402.223.54521337003000123030890.750.831.50.831949年
改良型ターボジェット海軍爆撃機232402.223.5563153900350012303010100.750.831.50.831954年
発展型ターボジェット海軍爆撃機242402.223.56631731100400012303012120.750.831.50.831960年


異種間改良コスト

改良時間係数改良IC係数
戦略爆撃機0.672.32
戦術爆撃機0.672.32



輸送機

護衛戦闘機を付属できます。異種間改良できません。

名称生産コスト消費量攻撃パラメータ速度行動
半径
索敵パラメータ戦闘補助パラメータ隠し生産係数開発年
IC時間人的物資石油対空対戦対人対艦戦略爆空中陸/海指揮士気防空防陸/海改良
時間
改良
IC
補充
時間
補充
IC
初期型輸送機302002.11.6100000180300132030040.750.831.50.831926年
基本型輸送機302002.11.7100000250400132030150.750.831.50.831934年
改良型輸送機252002.11.8100000300500132030160.750.831.50.831938年
発展型輸送機202002.12100000350600132030280.750.831.50.831941年
準現代型輸送機202002.12.11000003758001320304100.750.831.50.831944年
現代型輸送機202002.12.210000040010001320305120.750.831.50.831950年



迎撃機

余分なコスト(IC/時間)を払うと近接支/戦闘機に異種間改良できます。

名称生産コスト消費量攻撃パラメータ速度行動
半径
索敵パラメータ戦闘補助パラメータ隠し生産係数開発年
IC時間人的物資石油対空対戦対人対艦戦略爆空中陸/海指揮士気防空防陸/海改良
時間
改良
IC
補充
時間
補充
IC
非武装偵察機101200.10.51.500000150125212020110.750.831.50.831910年
戦闘機14121500.10.71.520000150150212020110.750.831.50.831914年
戦闘機15121700.10.71.530000175175212020120.750.831.50.831915年
戦闘機16131700.10.71.540000200200312020220.750.831.50.831916年
戦闘機17141800.10.71.550000200200322020330.750.831.50.831917年
戦闘機18151900.10.71.560000250225422525440.750.831.50.831918年
戦間期型迎撃機162000.10.71.570000300275523030440.750.831.50.831924年
初期型迎撃機172100.750.81.680100350350633030550.750.831.50.831930年
基本型迎撃機182100.750.91.7101100500400733030660.750.831.50.831937年
改良型迎撃機192100.7511.8121110600450843030770.750.831.50.831940年
発展型迎撃機202100.751.11.91522106506009630309100.750.831.50.831942年
基本型ターボジェット迎撃機222100.751.22.1182220850550107303013160.750.831.50.831944年
発展型ターボジェット迎撃機232100.751.22.1222220900600107303016160.750.831.50.831947年
超音速迎撃機242100.751.32.32633201100650118303018180.750.831.50.831950年
準現代型迎撃機252100.751.42.52833201300800129303019190.750.831.50.831954年
現代型迎撃機262100.751.42.53033201500900129303020200.750.831.50.831958年
発展型超音速迎撃機272100.751.42.532332017001000129303020200.750.831.50.831962年


ロケット迎撃機

ロケット迎撃機はターボジェット迎撃機への改良ができません。
余分なコスト(IC/時間)を払うと近接支/戦闘機に異種間改良できます。

名称生産コスト消費量攻撃パラメータ速度行動
半径
索敵パラメータ戦闘補助パラメータ隠し生産係数開発年
IC時間人的物資石油対空対戦対人対艦戦略爆空中陸/海指揮士気防空防陸/海改良
時間
改良
IC
補充
時間
補充
IC
基本型ロケット迎撃機202100.751.32.2180000100010085303013160.750.831.50.831941年
改良型ロケット迎撃機202100.751.52.5200000120025087303015160.750.831.50.831943年


異種間改良コスト

改良時間係数改良IC係数
近接航空支援機0.522.32
戦闘機0.522.32



戦闘機

余分なコスト(IC/時間)を払うと近接支/迎撃機に異種間改良できます。

名称生産コスト消費量攻撃パラメータ速度行動
半径
索敵パラメータ戦闘補助パラメータ隠し生産係数開発年
IC時間人的物資石油対空対戦対人対艦戦略爆空中陸/海指揮士気防空防陸/海改良
時間
改良
IC
補充
時間
補充
IC
初期型WW1期戦闘機141700.10.81.540100175225312020230.750.831.50.831916年
基本型WW1期戦闘機151800.10.81.550200175250312020340.750.831.50.831917年
改良型WW1期戦闘機161900.10.81.560200200275422525450.750.831.50.831918年
戦間期型戦闘機172000.11.11.870300300325523030450.750.831.50.831926年
初期型戦闘機1821011.11.881300350400613030560.750.831.50.831932年
基本型戦闘機1921011.11.8101300500475743030570.750.831.50.831938年
改良型戦闘機2021011.21.9123310600550863030680.750.831.50.831940年
発展型戦闘機2121011.32144410650750973030890.750.831.50.831943年
準現代型戦闘機2221011.3215552065065010830309100.750.831.50.831945年
基本型ターボジェット戦闘機2421011.62.3186620850700117303015160.750.831.50.831948年
改良型ターボジェット戦闘機2521011.62.3226620950850117303015160.750.831.50.831950年
超音速戦闘機2621011.62.527774011001000128303018180.750.831.50.831954年
発展型超音速戦闘機2721011.82.832884016001100129303020190.750.831.50.831959年
現代型超音速戦闘機2821011.92.934994019001200129303022200.750.831.50.831963年


異種間改良コスト

改良時間係数改良IC係数
近接航空支援機0.522.32
迎撃機0.522.32



付属旅団

護衛戦闘機

異種間改良できません。

名称生産コスト消費量攻撃パラメータ速度行動
半径
索敵パラメータ戦闘補助パラメータ隠し生産係数開発年
IC時間人的物資石油対空対戦対人対艦戦略爆空中陸/海指揮士気防空防陸/海改良
時間
改良
IC
補充
時間
補充
IC
初期型護衛戦闘機61500.330.250.53110005001100300.511937年
基本型護衛戦闘機71600.330.30.64111006001100400.511940年
改良型護衛戦闘機71700.330.350.751110010002200500.511943年
発展型護衛戦闘機81700.330.350.761110012502200500.511945年
ターボジェット護衛戦闘機81700.330.40.891110015002200700.511947年
改良型ターボジェット護衛戦闘機91700.330.450.9111110010002200900.511951年
超音速護衛戦闘機101700.330.511311100150022001100.511954年
発展型超音速護衛戦闘機101700.330.511411100200022001200.511959年
現代型超音速護衛戦闘機111700.330.511511100250022001300.511963年



その他

飛行爆弾

DAとスペックは変わりません。異種間改良できません。
戦略爆撃専用の飛行爆弾です。MPを消費することなく生産が可能ですが、1回きりの使い捨てです。

名称生産コスト消費量攻撃パラメータ速度行動
半径
索敵パラメータ戦闘補助パラメータ隠し生産係数開発年
IC時間人的物資石油対空対戦対人対艦戦略爆空中陸/海指揮士気防空防陸/海改良
時間
改良
IC
補充
時間
補充
IC
飛行爆弾23000.51.50000906503000010010015301941年



戦略ロケット

DAとスペックは変わりません。異種間改良できません。
戦略爆撃専用の使い捨て極長射程兵器です。最上位クラスであるICBMの射程距離はほぼ地球全域をカバーします。

名称生産コスト消費量攻撃パラメータ速度行動
半径
索敵パラメータ戦闘補助パラメータ隠し生産係数開発年
IC時間人的物資石油対空対戦対人対艦戦略爆空中陸/海指揮士気防空防陸/海改良
時間
改良
IC
補充
時間
補充
IC
戦略ロケット34000.5200001265000380001001001001000.51.01943年
弾道ミサイル360012.5000018060002400001001001001000.51.01944年
大陸間弾道ミサイル490025000036080006000001001001001000.51.01956年



Top / DH / ユニットデータ(空軍)